2006年01月05日

序章

「こちらでございます」
「は、はい」
 家令に案内され、貴彦は緊張した面持ちで扉を叩いた。
「油津子爵、伊勢崎貴彦です」
「入りなさい」
 穏やかな声が返ってきた。
 その声の主こそ、皇帝の股肱の臣にして、唯一大公爵の位階をゆるされた伊勢崎家当主伊勢崎幸繁である。
 貴彦の出身である油津伊勢崎家は大貴族の伊勢崎家に名を連ねてはいるものの傍流もいいところで、一族の総帥に招かれる機会などめったにない。
「し……失礼いたします」
 おそるおそる貴彦は部屋の中に入った。

 帝国一の大貴族にしては、かなり質素といえる部屋。そこに一組の男女が待っていた。
 伊勢崎幸繁とその妻ルティアである。続きを読む
posted by 蒼野青 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電算司令部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。