2006年01月27日

ゲオルギィ事件

【20日ユジンスク太平洋新報】

先日帝宮にて乱心し爆破事件を起こしたゲオルギィ・ヴァイカル=ヴァーリィ・ヤクート公爵が大日本帝国領のグアム島で秋津洲帝国軍兵士によって逮捕拘禁されていることがこの度明らかになった。
秋津洲帝国の駐シェルエン大使牧原氏によれば、グアム島に一時難を逃れていたシェルエン帝国イリーナ第二皇女を追って不法入国していたゲオルギィ氏が駐日秋津洲軍の強襲揚陸艦『高崎』を襲撃、逮捕拘禁されたとのこと。
この事件に対し皇帝ナターシャ陛下は20日朝の定例会見で「内輪のことで我が国、秋津洲、日本の民には大変迷惑を掛けた」と謝罪の意を表明した。


【20日ヴァイカル秋津洲通信】

ヴァイカル市のヴァイカル公爵邸で拘束されていたゲオルギィ・ヴァイカル公爵の実母ルフィーナ・ヴァイカル=シューリャ・ヤクート公爵夫人が密かに脱走していたことがわかった。
ルフィーナ女史はナターシャ陛下暗殺の陰謀を企てていたことが判明しており、シェルエン帝国政府はルフィーナ女史を国際指名手配、目撃情報を募集している。
ルフィーナ女史の夫であるヨシフ・ヴァイカル伯爵は記者の質問に対し、「妻は息子を溺愛しており、ゲオルギィこそ皇帝にふさわしいと常にもらしていました。ですから日本に向かったかもしれません。みなさんには迷惑を掛けて申し訳ありません」と述べた。

【20日ユジンスク連合】

シェルエン帝国政府の劉国家保安委員長は記者会見で、「ルフィーナ公爵夫人の有力な情報に2000万(日本円相当)の金塊を懸賞金として掛ける」と述べた。
posted by 蒼野青 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電算司令部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。