2006年02月03日

序章3

「電算機の運用は一つの答えになるのではないかと上層部は考えている」
 幸繁はルティアが差し出した茶を飲み干した。
「すでに多数の電算機を運用しているあの国に学ぶことは多いはずだ」
「はい……」
 貴彦はとりあえず相槌を打った。
「それで」
「はい?」
「頼みを聞き入れてくれるのかね?くれないのかね?」
「えっ、あっ、いや、その……」
 貴彦は口ごもった。そもそも大公爵に異を唱えるという選択肢自体ありえないものであるのだが。
「館林君と離れるのがつらいかな?」
「い、いえそんなことは」
 貴彦は明白に否定したつもりだった。
posted by 蒼野青 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 電算司令部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
蒼野青で、電算も運用しなかった。
そもそもきのう臥龍が、蒼野青で一つとか否定すればよかった?
いえ蒼野青の相槌は否定した?
Posted by BlogPetの臥龍 at 2006年02月24日 12:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。