2005年11月11日

アジアと台湾

「親台湾派」麻生氏に懸念=野中元自民幹事長(時事通信)

 野中広務元自民党幹事長は11日午後、TBSの番組収録で、麻生太郎外相について「台湾にばかり行っていた人が一体これからどうアジア(との関係)を修復していくのかと考えると、この内閣は危なくて見てられない」と述べ、親台湾派とされる点に懸念を示した。
 

あ、あの、野中さん……

あなたのおっしゃる『アジア』って、どこのことなんでしょうか?

台湾の人たちと仲良くすると、アジアの人たちと仲良くできないんですか?
ADON−Kさんの記事を見ると、この人って……
posted by 蒼野青 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

李登輝氏への入国審査はおかしい
Excerpt: 讀賣新聞(1月11日朝刊)によれば、日本政府は、李登輝氏を「要人ゆえに 入国審査の対象」としているらしい。 台湾観光客のノービザが認められているのに、なぜ入国審査などしなければならないのか? も..
Weblog: 日々1%の成長を
Tracked: 2006-01-11 11:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。